二百十日猛暑続き、台風9号沖縄接近

雑節・二百十日

 暦の雑節の一つ。立春から210日目の日。台風が来襲することが多い時期で、稲の開花期でもある。古来農業の厄日として注意を促してきた。

Sponsored Link

 江戸時代に新しい暦を作った渋川春海が暦に記載するようになったといわれている。

 2020年は8月31日が「二百十日」。ことしは上陸した台風はまだないが、台風9号が大型に発達し31日は沖縄に近づいている。気温は東日本が軒並み30度を超え厳しい残暑が続いている。


 【歳時記】秋の季語

 二百十日目も尋常の夕べかな 与謝蕪村

 遠嶺みな雲にかしづく厄日かな 上田五千石

 船発ちて二百十日の杭残る  黛まどか

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする