降りそうで降らない半夏生 時々青空

雑節、七十二候・半夏生(はんげしょう)

 ハンゲショウはドクダミ科の多年草で水辺や湿地に生える。七十二候の第三十一候、半夏生はハンゲショウが生えるころを意味する。七十二候では梅雨の中間点のような位置づけでもある。2021年は7月2日。

Sponsored Link

 福井県の一部地域ではこれからの本格的な夏を乗り切るため、焼いた鯖をまるごと食べる風習がある。この日の雨を半夏雨という、この日降ると大雨が続くという。 

 梅雨前線に近い伊豆地方などでは7月1日から大雨となっている。り、一方で九州から北陸にかけては雲がやや多いものの青空が広がった。最高気温は30度まで、最低気温は20台前半で過ごしやすい日となった。


 【歳時記】夏の季語

卓上日記いま真っ二つ半夏生  鈴木栄子

平凡な雨の一日半夏生  宇多喜代子

半夏生北は漁り火あかりして  千田一路

いろいろの猫が顔出す半夏生 小倉千賀子

半夏生あすへの靴を磨きたり  萩原きしの


前の七十二候は菖蒲華(あやめはなさく)6月26日

次の七十二候は温風至(あつかぜいたる) 7月7日

七十二候一覧

前の雑節は入梅 6月10日

次の雑節は夏土用 7月19日 


Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする