北陸早々と梅雨明け、4週足らず近畿東海より早く

  気象庁は7月14日北陸地方の梅雨明けを発表した。北陸より早く梅雨入りした中国、近畿、東海、関東甲信より早い梅雨明け。昨年より18日、平年より9日早い。

Sponsored Link

 今年2021年は北陸の梅雨入りは6月18日と平年、昨年より7日遅かった。近畿、東海より1カ月以上も遅い梅雨入りだった。

 気象庁の発表によると、近畿より早かったのは2001年以来、関東甲信より早かったのは2016年以来。

 北陸の梅雨の期間は26日余りと4週間にも満たない短さ。大平洋側や中国地方では梅雨末期の豪雨被害もあったが、北陸は何度か大雨警報は出たものの雨の日は少なく印象としては空梅雨模様が続いていた。

 14日の福井県は朝から青空が広がっている。

 ★雨は降ってないけど北陸梅雨入り★

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする