橘黄ばむころ、山々うっすら白く

七十二候

七十二候・橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

 12月にはいって最初の七十二候。第六十候は「橘始黄」。橘の実が黄色く色づくころ。

 2021年は12月2日。近所のミカンも色づいている。

 橘は、もともと京都御所の「右近の橘」など日本原産の果物だが、ミカンなど幅広い柑橘類を表す。冬の果物がおいしくなるころだ。


前の七十二候は「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう」・11月27日

次の七十二候は「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」・12月7日

七十二候一覧

 

タイトルとURLをコピーしました