夕立

七十二候

夏最後の七十二候、猛暑で夏雲が発展

七十二候・大雨時行(たいう ときどきに ふる)  8月最初の七十二候は「大雨時行」。七十二候の第三十六候でちょうど半分となった。次は二十四節気の立秋で、夏の七十二候の最後を飾る。「大雨時行(たいうときどきにふる」。この場合の...
七十二候

夏最後の七十二候、連日入道雲が発達

七十二候・大雨時行(たいう ときどきに ふる)  8月最初の七十二候は「大雨時行」。七十二候の第三十六候、前半の終わり、夏の七十二候の最後を飾る。「大雨時行」の。この場合の大雨は夕立のような急な激しい雨を指す。 もとも...
七十二候

強烈な残暑続くも夕立が蝉の声消す

七十二候・寒蝉鳴(ひぐらしなく)  七十二候は立秋で折り返し、季節の言葉も秋に向かっていく 。第三十八候は寒蝉鳴。寒蝉と書いてひぐらしと読む。ヒグラシは蜩と書くことが多い、夕方に鳴く蝉。カナカナと晩夏に鳴き出す。  2...
七十二候

ようやく梅雨明け激しい夕立はいつ

七十二候・大雨時行(たいう ときどきに ふる)  七十二候の第三十六候、ちょうど1年の折り返しは「大雨時行」。この場合の大雨は夕立のような急な激しい雨を指す。 もともとは夕立を意味していたことば。最近の夕立は急に発...
タイトルとURLをコピーしました