七十二候

雪の下で麦芽吹くころ、年越し寒波が到来か【七十二候】

七十二候・雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)  七十二候は立春を起点とするため、現代の暦の1年とは1カ月のずれがあり、2月から始まり1月で終わる。「雪下出麦」六十六候となる。  2021年は大晦日の12月31日が「...
七十二候

麦秋黄金色広がり、刈り取りも進む

七十二候・麦秋至(むぎのときいたる)  七十二候の第二十四候。麦が実り。黄金色の実を付ける頃。「秋」は百穀が成熟する頃を意味する。麦が黄金色に色づいた風景は、米が実った秋と同じような雰囲気となっている。最近は麦の作付面積...
七十二候

雪の下で麦芽吹くころ、年末寒波が到来

七十二候・雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)  2020年最後の七十二候。七十二候は立春を起点とするため、六十六候となる。  雪に覆われた麦畑で、雪の下から麦が芽ぶいているころという意味。温暖化のため実際にはもっと早くか...
タイトルとURLをコピーしました