大雪、夏日から一転雪すぐそこ

二十四節気・大雪

立冬から30日、小雪から15日。初冬の中ごろ、冬らしさが増してくるころだ。12月7日になることが多い。2018年も12月7日だった。日本海ではブリやハタハタの季節となる

大雪の12月7日は一日中曇り空だった

12月4日は全国各地で暖かく大分で夏日の27度、各地で12月の最高気温を更新した。

5日から冬の季語気温は下がり始め6日は最高気温が10度から15度のところが多く内陸では10度を割った。

大雪に会わせるかのように雪が近づいてきた。8日、9日は雪マークのところが多い。

 

冬の季語だ

大雪や夜明けの汽笛ひびきくる 伊藤君江

 

大雪の夜は千代紙のだまし舟 奥村美那子

 

前の二十四節気は小雪 11月22日

次の二十四節気は冬至 12月22日