寒露秋晴れ続きまだ残暑、ガンはまだ見えず

七十二候

二十四節気・寒露(かんろ) 七十二候・鴻雁来(こうがん きたる)

 二十四節気の寒露は朝晩の冷え込みが強まり、草や葉に露が宿るころ。秋の深まりを表す言葉だ。

 2021年の寒露は10月8日。前年と同じ。天気がよくて冷えた朝には草木の葉に露がついているのを見ることも出来るが8日は最低気温が15度最高気温も20度を割りそうなところが多く寒い朝。

 冷たい雨が降って庭の赤や緑の木の実には雨粒がついていた。

 七十二候は鴻雁来(こうがん きたる)。第四十九候。ツバメが南に帰り、入れ違うように雁が渡ってくるころを意味する。

 10月になって残暑が続き、北陸ではまだ雁をみかけていない。東北から初雁の便りも来ている、ことしもそろそろやってきそうだ。


 【歳時記】寒露は秋の季語。

 茶の木咲きしぶみ古ぶ寒露かな  飯田蛇笏

 とぶ鳥の羽音間近に寒露かな  高木良多

 学校の廊下をおもう寒露かな  三浦ミヨ子

【歳時記】初雁は秋の季語

 初鴈や空にしらるる秋の道 素丸

 雁啼くや舟子魚焼く琵琶湖上  蕪村

 古九谷の深むらさきも雁の頃 細見綾子

 初雁の列やはらかく乱れつつ 長田群青


前の二十四節気は秋分・9月2

次の二十四節気は霜降・10月23日

2021年二十四節気一覧


前の七十二候は水始涸・10月3日

次の七十二候は菊花開・10月13日

2021年七十二候一覧

タイトルとURLをコピーしました