黄色い花いっぱい、一気に涼しく【七十二候】

七十二候

七十二候・菊花開(きくのはなひらく)

 七十二候の第五十候は「菊花開」。七十二候の中でもわかりやすい言葉で菊の花が開くころを現す。中国では菊の花が咲く旧暦の9月9日は重陽の節句として祝った。日本でも菊の花は親しまれ、11月の文化祭ごろまで菊の展示会や菊人形などのイベントが続く。

 2021年の「菊花開」は10月13日、昨年と同じ日だ。10月になって連日暑い日が続き福井市でも11日に観測史上最も遅く最高気温が30度を超える真夏日となった。12日からようやく涼しさを感じるようになった。13日も最低気温は18・9度、昼になっても23度台だった。

 家の近所に菊の花はみつからなかったが、気が付いたらセイタカアワダチソウが満開。ほかにもいろいろ黄色い花がいっぱいあった。

 


前の七十二候は鴻雁来(こうがんきたる)・10月8日

次の七十二候は蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)・10月18日

七十二候一覧


タイトルとURLをコピーしました