秋晴れ戻り木々は色づく【七十二候・楓蔦黄】

七十二候

七十二候・楓蔦黄(もみじ つた きばむ)

 楓蔦黄(もみじ つた きばむ)は11月最初の七十二候。第五十四候だ。紅葉やツタなどの葉が赤や黄色に本格的に色づいてくるころを表す。山の紅葉が平地に下りてくる。

2022年は11月2日が「楓蔦黄」。前年と同じ日。10月は好天の日が多かったが11月1日は雨。肌寒さが増してきた。気温が下がり庭の紅葉や街路樹も少しずつ色づいてきた。

  「楓蔦黄」 の11月2日は再び青空が戻りきれいな秋晴れ。15度を切っていた最高気温は20度を超えたものの、街路樹は赤、黄戸色づいてきた。近所の柿の木は実は赤く熟してしまい、柿の葉が色づいてきた。  


前の七十二候は霎時施(こさめときどきふる)10月28日

次の七十二候は山茶始開(つばき はじめて ひらく)・11月7日

2022年の七十二候一覧


タイトルとURLをコピーしました