急な寒さ、虫が外から消えた【七十二候】

七十二候

七十二候・蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

 ことしは10月初めまでは残暑が続いて暑かったのに10月半ばを過ぎると急に寒くなった。あわてて長袖の服を探している。

 七十二候の第五十一候は「蟋蟀在戸」。この蟋蟀はキリギリスでなく、コオロギのことといわれる。コオロギが家の中で鳴いていることを表すという。

2021年の「蟋蟀在戸」は10月18日。前年と同じ日だ。

16日ごろから急に寒くなり、18日朝は福井県では最低気温が7・4度と一気に10度を下回った。全国的にも北海道では氷点下の地域があり、青森では雪が降った。家の周りを飛び回っていた虫もあまり姿見えない。


前の七十二候は菊花開・10月13日

次の七十二候は霜始降・10月25日

2021年七十二候一覧

タイトルとURLをコピーしました