小雪、雲が広がり朝から肌寒いが初雪まだ

二十四節気・小雪

Sponsored Link

もともとは立冬で冬になった後、まだ大雪にはなっていない雪がまだ少ない時期という意味だが、現在の気象状況ではこの時期本州ではまだ雪が降っていないことが多い。2019年も初雪はまだだ。

2019年の小雪は11月22日。北海道と、東北の一部を除いてまだ雪は降っていない。22日は関東各地で最低気温が10度を切るなど寒い日となった。東京の最低気温は6.3度、福井は3.7度。北陸地方では朝から雲が多く、日中もあまり気温が上がっていない。

10月25日に出た長期予報によると今冬は暖冬予報。11月21日にでた1カ月予報でも北陸地方の降雪量は平年より低い確率が60%となっている。

2018年の初雪は12月9日だった。平年は12月2日ごろ。今年の初雪はいつになるのだろうか。


【歳時記】冬の季語だ

小雪の箸ひとひらの千枚漬け  長谷川かな女

小雪の日や詩心の空回り  中島宏枝

小雪という日の青空深すぎる   ちいずか存


前の二十四節気は立冬・11月8日

次の二十四節気は大雪・12月7日

二十四節気一覧 2019

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする