冬至雪なし遅い朝、マガンが通る

冬至は北半球では一年で最も昼が短く、夜が長い日。地球が傾いているため北半球では太陽からの距離が最も遠い日だ。太陽の高さは最も低く、伝わる熱が弱い。冬至を過ぎると光の強さも増し、日の当たる時間は増えてくる。

Sponsored Link

 2019年の冬至は12月22日。

冬至の朝は曇り。雲から透けて見える太陽の高度は低い=2019年12月22日

 実際は地面に熱が残っているため、冷えて寒さが増すのは冬至を過ぎてから1か月ほどあとで立春ごろまでが本当の寒い時期だ。

 札幌は日の出が7時3分、日の入りは16時3分。

東京の日の出は6時47分、日の入りは16時32分。

 福井県は日の出が7時2分、日の入りは16時45分

 福岡は日の出が7時19分、日の入りは17時14分

 北へ行くほど昼が短くなる。特に日の入り時間が早くなる。根室では冬至の12月22日は15時45分に日没を迎える。

冬至ということでご近所からもらったゆず

 この日の最低気温は東京で5・1度、福井で3・3度と平年よりわずかに高め。暖冬の予想も出ていて、福井など北陸では高い山を除いて雪なしの冬至だ。

 冬至には南瓜を食べたりゆず湯に入ったりする風習がある。

遅い夜明け マガンの群れが遠くを通った

 【歳時記】冬の季語だ

行く水のゆくにまかせて冬至かな 鳳朗

仏壇に水仙活けし冬至かな  正岡子規

酒になる水やはらかき冬至かな 大屋達治

海鳴りやことに冬至の運河べり  水谷郁夫

前の二十四節気は大雪 12月7日

次の二十四節気は小寒 1月6日

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする