梅雨明けまだ、蒸し暑さもまだ

七十二候・土潤溽暑(つちうるおうて むしあつし)

 大暑に続く七十二候の第三十五候は土潤溽暑(つちうるおうて むしあつし)。一年で最も暑いこの時期は地面が熱され、陽炎が立ち土いきれでいっそう暑さを感じる。「溽」はむしあついを意味する感じ。辱はもともと草を刈り重ねる意味で氵を付けて蒸し暑さを現すという。

Sponsored Link

 2020年は7月27日が「土潤溽暑」。ことしはまだ梅雨が明けず、地面が熱くはなってないため、強い蒸し暑さはまだ感じない。


前の七十二候は桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ) 7月22日

次の七十二候は大雨時行(たいう ときどきにふる) 8月2日

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする