台風21号強い勢力で一気に猛烈な風

非常に強い台風21号は4日正午ごろ、徳島県南部に上陸した。「非常に強い台風」が上陸するのは1993年の台風13号以来、25年ぶり。いったん瀬戸内海に出た後4日午後2時ごろ、神戸市付近に再上陸した。午後3時には京都府の福知山市付近に進み、若狭湾に抜けて日本海の福井沖を北上、能登半島方面に向かった。

徳島上陸時は950ヘクトパスカルと勢力が強く各地で強風をもたらした。大阪の関空島で最大瞬間風速58・1メートル、和歌山市で57・4メートル、高知県の室戸岬で55・3メートルと大阪、和歌山では観測史上1位。台風がぬけていった日本海側でも福井県敦賀市で47・9メートルだった。

台風はほぼ一直線に北北東に進み、能登半島をかすめ佐渡島沖に時速70キロという高速で進んだ。4日21時半現在975ヘクトパスカルの勢力を保っている。5日は温帯低気圧となる。

台風接近半日前 9月4日朝はまだ風が弱かった

福井県でも午前中は青空が見えたのに昼過ぎに急に風雨が強まり、午後8時過ぎには再び風が弱まった。