台風25号、昼の雲や夕焼けがきれいだった

台風25号が接近。2018年は台風の当たり年。7月から次々にやってきた。普通とは逆に日本上陸後西に進んだり、大陸へ進むかとみられたのに急にUターンしたり予測できない動きに予定が来ることもある。台風に近づくと強い風や雨にやはり台風は怖いと実感する。

台風の影響か澄んだ青空、くっきり雲

台風25号は10月5日夜から東北東に進路を変え、6日は韓国に上陸したあと日本海を進んだ。幸い最初の予想とは違って日本海の中央を進んだので福井県への直撃は免れた。それでも夜になって強い風が吹いている。

10月6日は時々雨がぱらつくもののほぼ一日青空が広がった。風が少し強く朝はレンズ雲も見えた.台風が遠くから近づいてくるときよく現れる雲だ。上空のちりや水蒸気が風でとばされているのか青空が澄んできれいだった。

昼は上空の雲がいつもより早く動いていた。夕方はきれいな夕焼けが見えた。巻積雲が赤く色づいた。6日夜は多分風速は最高で10メートル程度。南の暑い空気が流れ込んでいるので昼は暑かった。

雲が流れる様子をインターバル撮影 タイムプラス動画に