霜降、秋本番の気配近づく

10月24日朝の空。曇り、山裾に層雲がたなびく

二十四節気・霜降(そうこう)

Sponsored Link

富士山や北アルプス立山の初冠雪のニュースが聞かれるなど山々では秋が深まり冬も迫ってきた。2019年10月24日は二十四節気の霜降。夜に気温が低下し水蒸気が地表に凝固して霜となる頃を表す。

草木の葉が黄色く落ち、虫が地にひそむ時期も意味した。

24日の福井市の天気は曇り。最低気温は16・4度、最高気温も22度程度で過ごしやすい気温だった。霜降と日の割には暖かい日となった。

【歳時記】秋の季語

霜降や鳥の塒を身に近く  手塚美佐

霜降の日を舟唄に惜しみけり 才記翔子

霜降や朝しらしらと繭の色 小坂文之


前の二十四節気は寒露 10月8日

次の二十四節気は立冬 11月8日

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする