穀雨 青空広がり過ごしやすい朝 麦も色づく

二十四節気・穀雨

麦がもう色づき始めている=4月18日

 百穀を潤し、目を出させる雨の意味。冬服を脱ぎ、フジの花が咲き出すころを意味しています。2020年は4月19日です。

Sponsored Link

 全国的に4月19日は午前中は晴れ間が広がりました。気温も平年並みで過ごしすい気候です。新型コロナウイルス感染拡大で、都会では人が減っていますが、農村地帯では田んぼをトラクターで田起こしして水を張る風景も見られます。早々と麦が実を付け色づき始めたところあります。

 全国的に天気は下り坂で 午後からは 雨模様の予報となっています。


【歳時記】 春の季語です。

まっすぐに草立ち上がる穀雨かな 岬雪夫

鍬光る穀雨の記念植樹かな 小谷ひろゆき

夜気深く吸へば穀雨の匂ひけり 乾真紀子


前の二十四節気は清明・4月4日

次の二十四節気は立夏・5月5日

二十四節気一覧2020年

穀雨前日の4月18日は雨模様だった
Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする