小雪、少し肌寒さ戻る

二十四節気・小雪(しょうせつ) 七十二候・虹蔵不見(にじかくれてみえず)

  二十四節気も本格的な冬が近づいてくる。紅葉もそろそろ終わりかけとなり、朝晩の冷え込みが強まり雨が雪に変わっていくころ。二十四節気の「小雪」は陰暦では十月の中旬。2020年は11月22日。

Sponsored Link

 七十二候の「虹蔵不見」は雨粒に光りが屈折して発生する虹は、雪の中では現れない。小雪と連動した季節の言葉だ。

 2020年は11月半ばには最高気温が25度を超える夏日が連続して現れるなど暖かい日が続き、平地ではまだ雪の雰囲気はない。

 最低気温は東京で8・5度、福井では5・8度と朝晩の肌寒が戻ってきた。


【歳時記】冬の季語

小雪という日の青空が深すぎる ちいずか存

小雪の箸ひとひらの千枚漬  長谷川かな女

小雪の日や詩心の空回り  中嶋宏枝


前の二十四節気は立冬(りっとう)11月7日

次の二十四節気は大雪(たいせつ)12月7日

2020年二十四節気一覧


前の七十二候は金盞香(きんせんかさく)11月17日

次の七十二候は朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)11月27日

2020年七十二候一覧


2020年11月22日小雪の空模様

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク