梅が黄ばむ頃北陸梅雨入りまだ

七十二候・梅子黄(うめの み きばむ)

 梅の実が黄ばむ頃雨が多くなり「梅雨」という言葉が生まれた。

Sponsored Link

 七十二候の第二十七候は「梅子黄」。梅雨まっただ中を想定した言葉だ。2021年は6月16日。

 関東が6月14日に梅雨入りし、全国的に梅雨の地域が増えているが、北陸地方はまだ梅雨入りしていない。16日朝も曇り空だが雨は降っていない。


前の七十二候は「腐草為蛍くされたるくさほたるとなる)・6月11日

次の七十二候は「乃東枯(なつかれくさかるる)・6月21日

2021年七十二候一覧

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする