梅雨明け猛暑の半夏生、入道雲

七十二候

七十二候・半夏生(はんげしょう)

 七十二候の第三十候は「半夏生(ハンゼショウズ)」。ハンゲはドクダミ科の多年草でカラスビシャクとも呼ばれる。水辺や湿地に生える。七十二候は梅雨のまっただ中を想定し、湿った花のハンゲが咲くころを意味している。 2021年は7月2日。前年と同じ日だ。

 福井県の一部地域ではこれからの本格的な夏を乗り切るため、焼いた鯖をまるごと食べる風習がある。この日の雨を半夏雨という、この日降ると大雨が続くというが今年は6月後半に早々と梅雨明けし、半夏生は既に猛暑のまっただ中。35度前後の気温に大地が暖められ午後からは入道雲がわいてくる。 


 【歳時記】夏の季語

卓上日記いま真っ二つ半夏生  鈴木栄子

平凡な雨の一日半夏生  宇多喜代子

半夏生北は漁り火あかりして  千田一路

いろいろの猫が顔出す半夏生 小倉千賀子

半夏生あすへの靴を磨きたり  萩原きしの


前の七十二候は菖蒲華(あやめはなさく)6月26日

次の七十二候は温風至(あつかぜいたる) 7月7日

七十二候一覧

次の雑節は夏土用 7月19日 


タイトルとURLをコピーしました