入道雲発達し積乱雲に 8月の雄大積雲

猛暑の午後から入道雲が現れた。=2018年8月14日

最近むくむくと沸き立つような入道雲になかなかお目にかかれないという声をよく聞く。暑いのでそとに出ない、外出しても車なので空全体を眺めない-など現代人が外の風景に目を向けないことも理由だと思うが確かに8月前半までは入道雲はあまり発生しなかった。

発達する雄大積雲。もうすぐ積乱雲に=2018年8月14日

10種雲形など雲の種類には「入道雲」という分類はない。巻雲、巻積雲など10に分かれた分類のうちの「積雲」に入る。ただ積雲は小さな綿雲から大きな雲まで幅広い。形も大きさもまちまち。上へ、横へ大きく発達した雲を雄大積雲という。雄大積雲の上部が横に広がって縦への成長が止まったら積乱雲となる。

今年は7月終わりから暑い日が続いたものの、7月は雲のない青空が多かった。夕方地平線近くに雲が出来ても入道雲までには発達しなかった。暑くても晴れが続き、空気中の水分が少なく大きな雲ができる環境ではなかったのだろう。

積乱雲に発達=8月12日
夏のエネルギーで発達する積雲
夕日を浴びた雄大積雲

8月になって山沿いで小さめの雄大積雲が見えた。台風13号が太平洋上を西に進んだあと、いったん下がった後気温が再び上昇。暑さが戻ったと思うと大きな雲が目立つようになった。8月12、13,14と連日雲が雄大積雲に発達している。雲の中で雷が光ることもある。幸いゲリラ豪雨のような強い雨が降っていない。

8月14日は午後から南東の空で雄大積雲が大きく発達した。むくむくと上に伸びていく頂が複数あり、それがだんだん1つにまとまり上空へ伸びていった。上部はカリフラワーのように広がり薄く大きく空を覆ってきた。雷鳴も響き稲妻も見えた。

雄大積雲の上部が発達

上部が大きく広がり積乱雲に

タイムラプス動画 発達する雄大積雲

豪雨、猛暑、逆行、異常続きの7月終わる

異常な気象が日常化した7月が終わった。前半は中国地方を中心に記録的な豪雨。いつもより早い梅雨明け。埼玉県熊谷市では国内の最高気温を更新。最後はいつもとは真逆のコースをたどり東から西へと進む台風。2018年冬は記録的な豪雪から始まり極端な気象が続く。2018年はあと5カ月。どんな空が待っているのだろうか。

7月の気象ニュース

豪雨は7月6日に本格化し特別警報が出された

梅雨は6月末に沖縄、関東で早々と明け7月は豪雨が終わると各地で次々と

台風12号は29日初めて伊勢湾側から紀伊半島に上陸、大阪、中得、九州へと進んだ。8月は九州南海上で一回転して大陸へ進む見通し。

2018年7月最後の夕日。台風後色鮮やかになった

台風12号遠ざかり青空、猛暑39度

太平洋上を普通とは逆に西向きに進行中の台風12号は7月29日三重県伊勢市で紀伊半島に上陸した。紀伊半島に東側から上陸するのは初めてだという。

見た目は爽やかでも外は暑い。39度近い猛暑戻る

奈良、大阪方面に進み大阪湾から瀬戸内海に抜け29日早朝は神戸、明石沖合を進んでいる。今後九州北部へ向かう予想。満月の満潮と重なった静岡県熱海市では高潮で旅館の大きなガラスが割れるなどの被害がでた。

台風12号が遠ざかった7月29日朝の空

台風から200キロ近く離れた日本海側の福井県では風もそんなに強くなく雨もほとんど降らなかった。青空も出ているが台風一過の爽やかさはなく蒸し暑い。

台風が再び熱波を呼んできて隣町の福井県坂井市春江では29日の最高気温が39.0度。前日よりも8.4度、平年よりも7.9度高く、部屋のエアコンが効かない。

 

台風29号近づき赤い夕焼け

異例西へ進む台風12号遠くの夕空も色鮮やか

2018年7月の台風12号は異例のコースを進んでいる。

台風12号は7月25日日本の南太平洋上で熱帯低気圧が台風になった。台風は北東、または北へ向かって最後に東へ旋回することが多いがこの12号は予想の段階から小笠原諸島を進んだ後は左旋回し西向きに方向を変えて大平洋側に上陸するとされてきた。それもだんだん左に寄り上陸地点予想も関東から東海、さらに伊勢湾の紀伊半島と変わってきた。28日午後8時の段階では三重県の伊勢、志摩付近が中心の予想円が描かれ、大阪、瀬戸内海、北九州という予想となっている。これまでの台風と全く逆のコースだ。

鳥が羽ばたくような雲。変わった形の雲が出てきた

台風が近づいてくるとかなり遠くでも風が吹きはじめ、空の景色が変わってくる。上空に強い風が吹いているためかレンズ雲も現れやすく、普段は見かけないような雲も現れる。夕方の空もいつもよりも色づいて不思議な雰囲気となる。

東海の海上を西に向かって進む12号から300キロ近く離れた福井県の上空の夕焼け雲の色鮮やかでしばらく見入っていた。

台風12号遠ざかり青空、猛暑

5地域一気に梅雨明け、大雨が上がると猛暑

気象庁は7月9日九州北部、中国、近畿、東海、北陸の5地域が梅雨明けしたと発表した。既に梅雨明けしている沖縄、奄美、関東甲信を加えると国内12地区のうち8地区が梅雨明け。残りは九州南部、四国、東北南部、東北北部の4地区。

梅雨明けの福井市の空。夕方には夏雲

今回の5地区は豪雨や大雨が終わったと思ったらすぐに梅雨明けという感じ。気温は涼しい日が続いたのにいきなり30度を超える真夏日。この激しい気象の変化は地球温暖化によるものだろう。日本の四季の穏やかな変化に戻ってほしい。

九州北部は平年より10日、昨年より4日早い梅雨入り。中国と近畿は平年より12日、昨年より4日早い。東海は平年より12日、昨年より6日早い。

特に北陸は平年より15日、昨年より24日早い梅雨明け。特に昨年は8月2日の梅雨明けだっただけに早々と本格的な夏が来てしまった。雨が上がったのはうれしいが、これから連日の30度超えの予報を見ると気が重くなってくる。

9日は朝からすっきりした青空と白い雲が広がった。外に出ると日差しは強く、日没後も明るかった。

北陸地方梅雨入り。東北北部除き列島全域

新潟地方気象台は6月10日北陸地方が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より2日、昨年2017年よりも15日早い。東北地方南部も同時に梅雨入りし、梅雨のない北海道を除けば、日本列島で梅雨になっていないのは東北北部だけとなった。

ことしは全国的に梅雨入りが例年より早い。沖縄は平年よりも1日、昨年より5日早かった。九州北部と四国は平年よりも8日、昨年よりも23日も早かった。

近畿、東海、関東甲信は6月6日に梅雨入り、平年より2日早く、昨年より近畿は14日、東海は15日早かった。前年梅雨入りの早かった関東甲信は前年より1日早かった。

朝からどんよりとした曇り空が広がった6月10日の空=福井県あわら市

新潟地方気象台が梅雨入りを発表したものの福井県は曇り空が広がるもののほぼ雨が降らなかった。石川、富山もほぼ同じだった。では気象台のある新潟が雨降りで梅雨明けしたのか。気象台の観測データやアメダスの数字を見てもあまり雨が降った様子はない。

11、12日の天気予報は全体に雨模様。梅雨前線が大平洋側に停滞し、台風も近づこうとしていることからここで梅雨入りを発表しないとタイミングが遅れるとの心理が気象台の担当者に働いたのだろうか。

上空の強い風レンズ雲が出現

雲種・レンズ雲

2つ並んだレンズ雲=2018年5月

凸レンズを横に浮かべたような雲が風の強い日に現れることがある。レンズ雲だ。巻積雲や高積雲から生まれる。すっきりした青空で上空の風が強く、山の近くでできることが多いが、風の流れで地表でできることも。

 風上で雲が生まれ、風下で消えるため、同じ場所にとどまって見えることも。太陽の方向に現れると彩雲と重なることもある。

彩雲と重なったレンズ雲

 

太陽の真横に鮮やかな光 幻日

幻日・雲と光の芸術

 太陽から少し離れた横に現れた明るい光が幻日だ。高さは太陽と同じ、中心の太陽と20度から30度離れた場所に出現することが多い。条件が良ければ太陽の左右に現れることもある。

 すごく明るく輝くこともあり、太陽と一瞬間違えることもあるため幻日と名付けられている。

 出現の条件は 太陽の周りに 氷でできた薄い雲があること。巻層雲がかかった時に現れることが多い 。

 時には虹のように色がつくことがある。色に太陽に近い方が赤で遠くなった方が 青や白。虹と反対の色の並びとなる。

 本当に虹のように色鮮やかな時もある。

 幻日ができるメカニズムは太陽の光が空に浮かんだ氷の粒で屈折してできること。太陽の周りに大きな輪が出来る傘と同じような現象だ。暈の大きな輪の 直径に接して表れるもある。この時太陽とは22度離れている。

 海外では幻日にいろいろな呼び方がある。「まがいものの太陽」という意味で「Mock Sun(モックサン)」と呼ばれたり「太陽につきまとう犬」という意味で「Sun Dog(サンドッグ)」と呼ばれる。

 幻日はそんなに珍しい現象ではない月に1回ほど見かけるような感じがしている。太陽が明るくはっきり見える薄い雲に覆われ、暈が現れた時は幻日が見えることがある。太陽の横に薄い雲が広がっているときも観察のチャンスだ。暈よりも幻日が現れる時間は短い。幻日を見たらすぐにカメラを向けたい。

雲と光の芸術・光芒

雲と光の芸術・彩雲

雪は少ないが冬空力強く

季節の空・冬の雲

2017年12月。冬型の気圧配置が続き北海道や東北日本海側では大雪模様で12月として記録的な積雪を記録したところもある。

しかし北陸地方の福井県はかつては大雪地帯だったのに最近は温暖化の影響で雪は少なくなってきた。気温が高く雪ではなく雨が降ることが多い。今年も12月初め10センチ程度の積雪があっただけでその後雪はほとんどない。

しかし空の景色はまさに冬そのもののように荒々しかったり、エネルギッシュだったり、急に晴れたりめまぐるしく変わっていく。一日の中でいろんな雲の風景を見ることができる。

12月28日、29日の空の写真を並べてみる。

27日は朝は青空が見えたが、風は強く雲は積雲が大きく変化する。

すぐに雲が厚く広がり山際では雪もちらついた。雪が風で吹き落ちる尾流雲も現れた。

午後は再び青空。発達した積雲が冬水田んぼに影をつくる。雲の下から光が差し込む光芒も。

28日も同じような空だった。

午前中は曇り、午後から青空が見える。

層積雲が広がってくると重なった雲の間から光が差し込み光芒が鮮やかな光の筋を描く。まさに天使の梯子という言葉がぴったりくる。

光芒の下をえちぜん鉄道の電車も通る。

初雪、福井市は平年より8日早く、山は白く

 

初雪を観測山は白く

11月24日福井市で初雪を観測した。福井地方気象台によると平年より8日速く、昨年2016年より20日早い。日にち的には早いなと思う。でも初雪と行っても車の窓ガラスが一瞬白くなった程度。ただいつも雪の多い山間部の大野市では10センチ近い新雪があったらしい。

まだまだ本格的な冬到来という感じはない。雪が早いときは本格的な積雪は遅く、雪も少ないのではと科学的な根拠のない期待もある。

雪がそんなに多くない日は、天気は変わりやすい。午前中は青空も広がった。午後は雨模様で、雨が上がって外に出てみると石川。岐阜県境に近い山々は少し白くなっていた。

最低気温は3.4度。平年より1.9度低く12月上旬の気温。最高気温は6.3度、平年より7.5度も低く1月中旬並みの寒さだった。