処暑暑さも収まるころ、エアコンつけず睡眠

二十四節気・処暑

Sponsored Link

「処」は収まるの意味。立秋を過ぎて15日、暑さも収まるころを意味する。立秋からの残暑もこれから厳しさが和らいでくる。

8月22日か23日が処暑となる。2019年は8月23日。

23日は最低気温も23度台でひさしぶりにエアコンをつけないまま眠りに就きそのまま朝を迎えた。曇り空が広がり最高気温も午前中は30度を超えていない。

曇り空が続き、夕方には雨模様に。時々強い雨が降った。

日没前は少し肌寒い感じで、空はオレンジ色から赤に色づいた。


【歳時記】 秋の季語だ

水平にながれて海へ処暑の雲   柿沼 茂

むらさきの鳶職がゐる処暑の寺  田中睦枝

呉服屋の番頭不惑処暑の雨    増田栄子

軟らかきBの鉛筆好み処暑     岡本彦弥


前の二十四節気は 秋分  8月8日

次の二十四節気は 白露  9月8日

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする