梅雨が明け後の猛暑も立秋は小雨模様

二十四節気・立秋、七十二候・涼風至

稲穂も色づいてきた

 秋の始まりを意味する立秋。太陽の黄経が135度で夏至のころよりも少し日が傾き影も長くなってきた。ただ温度は最も暑いころになる。

Sponsored Link

 平安の歌人も「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風おとにぞ おどろかれゐぬる」と詠んだように、古来からも暑い日だったが風から秋を感じようとした時期だった。

 2020年は8月7日が立秋。ことしは猛暑が日本列島を覆っている。

 しかし水田では稲が実り始め、しっかりと秋を感じさせてくれる。

 7日朝は未明にやや強い雨、午前も小雨模様で少し涼しさを感じさせる。

 立秋以降の暑さは残暑となる。


【歳時記】秋の季語

秋来にけり耳をたづねて枕の風  芭蕉

秋たつや何におどろく陰陽師 蕪村

夕やけや人の中より秋の立つ  一茶

立秋や国語辞典の位置正す  東和歌子


前の二十四節気は大暑 7月22日

次の二十四節気は処暑 8月23日

前の七十二候は大雨時行(たいうときどきにふる)8月2日

次の七十二候は寒蝉鳴(ひぐらしなく) 8月12日

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする