田んぼの水がなくなるころ

七十二候・水始涸(みずはじめてかる)

すっかり水がなくなった水田

 七十二候も3分の2を過ぎ、第四十八候は水始涸(みずはじめてかる)。水田に張られた水が落とされ、稲が実り始めたころを現す。

Sponsored Link

 現代は稲刈りの時期が早まり、既に田植えを終えた水田も多い。冬美美田んぼには、まだ早く水田に水が少ない時であることは間違いない。

 


前の七十二候は蟄虫培戸(むしかくれてとをふさぐ)・9月28日

次の七十二候は鴻雁来(こうがんきたる)・10月8日

2020年七十二候一覧

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク