白露、朝晩涼しく秋を実感

七十二候

二十四節気・白露(はくろ) 七十二候・草露白(くさつゆしろし)

 ススキの穂が顔をだし、秋の気配が感じられるころ。朝夕の涼風に冷気が混じり始め、夜間気温が低下して空気中の水蒸気が露となって草の葉につくころとされる。

 2021年は9月7日が白露。ことしは8月半ばから残暑が弱まり9月になると朝は連日20度代前半の涼しい日が続く。

7日は福井地方気象台で観測した最低気温が19・2度と20度を割る涼しい朝となった。9月になって初めてのハロ(暈)も見えた。大小の雲が流れる秋空が広がっている。


前の二十四節気は処暑・8月23日

次の二十四節気は秋分・9月22日

前の七十二候は禾乃登(こくものすなわちみのる)・9月2日

次の七十二候は鶺鴒鳴(せきれいなく)・9月10日


【歳時記】秋の季語

姿見に一樹映りて白露かな  鷲谷七葉子

ゆく水としばらく行ける白鷺かな 鈴木鷹夫

白鷺の夜ことば少なく妻といる  景山恒太

タイトルとURLをコピーしました