水仙にはまだ早いが秋晴れ、小春日和か【七十二候】

七十二候

七十二候・金盞香(きんせんかさく)

 七十二候の五十七候は「金盞香(きんせんかさく)」。この場合のキンセンカは春に咲く黄色く丸いキク科のキンセンカではなく冬に咲く水仙を表す。実際は日本でスイセンが咲くのは12月ごろで秋にはまだ花をつけない。

 まだキンセンカのような黄色い花をこの時期見かけることも多い。

 2021年は11月17日、前年と同じ日だ。北陸では朝から秋晴れとなり、放射冷却現象で福井地方気象台の最低気温は6・0度だった。全国的に好天で小春日和の穏やかな空となりそうだ。家の前の水仙も茎が伸びてきた。


2020年12月の水仙
今年も少しずつ伸びてきた水仙

前の七十二候は地始凍(ちはじめてこおる)・11月12日

次の七十二候は虹蔵不見(にじかくれてみえず)・11月22日

七十二候一覧


11月17日の空模様

タイトルとURLをコピーしました